読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男性不妊から自然妊娠、その後。。。 ヘロヘロの記録

男性側が書いた不妊治療の記録。今は、自然妊娠で出産した二人の子どもがいます。一度、ブログを閉鎖したのですが、復活しました。

子どもと一緒にいて思うこと

私の朝は、朝食を作り、子どものお弁当(米だけ)を詰める所から始まる。

そして、一人で、朝食を食べ、身支度をし、妻と3歳の息子が起きてくるのを待つ。

その後、息子の着替えをし、朝食をたべさせ、保育所への荷物を持って、出勤する。


文字で書くと3行だが、
息子の着替えと、朝食はなかなかうまくいかない。

ほぼ毎日ぐずる。

・着替えたくない
・食べたくない
保育所に行きたくない
等々。。。


保育所に行きたくないと言われたら、
保育所に行って、先生にお休みしますって言わなきゃいけないね」
保育所に行かなきゃ!」
と言って連れ出すといったテクニック?!を駆使し、毎日悪戦苦闘している。

(保育所に息子を入れられた事にも感謝しなくてはいけないが・・・)


保育所に着いたら、着いたで、
なかなかスムーズにいかない。

「お父さんと一緒にいたい」
保育所嫌い」
「帰りたい」
等々。。。


ほぼ、毎日泣かれる。

今まで、始業30分以上前に、会社に着いていた私であったが、
息子を保育所に送ってから、会社に行くようになってからは、
常に、ギリギリか遅刻。


まだ、会社に行けるのはいいほうで、
子どもの具合が悪くなったら、休まなくてはいけない。


こんな時、思うのは、
不妊治療をしてきたという経験。

夫婦で、子どもを望んで、きて、今の生活があるので、
息子に対して、もう!!!と思う気持ちもあるが、
それ以上に、息子がいてくれてありがとう と思う。

もし、不妊治療をしていなかったら、
息子に対して、それほど感謝していなかったと思う。

 

え、妻は、どうしてるかって?
恐妻は、子どもが生まれても変わらず、
さらに、パワーアップし、恐母となっています。

「もう、イライラさせないで!!!」と言って、大きな声をだしたり、

「イライラしているんだよ~!!!」と言って、

息子突き飛ばすこともある。

 

そんな時、息子が言う言葉、
「お母さん、いらない」


オレは、「お父さん、いらない」と言われない様にしよう。

 

(妻の悪口を書いてしまったが、優しいときもあります。)

 

男を維持する「精子力」

男を維持する「精子力」

 

 

 

子どもはみんな問題児。

子どもはみんな問題児。

 

 

 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 男性不妊へ

 

 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ