読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男性不妊から自然妊娠、その後。。。 ヘロヘロの記録

男性側が書いた不妊治療の記録。今は、自然妊娠で出産した二人の子どもがいます。一度、ブログを閉鎖したのですが、復活しました。

 精索静脈瘤の手術を受けてきました

 体外受精(顕微授精)をするも、ダメで絶望的になっていたそんな時、

 
一人目を奇跡の自然妊娠で授かった。
 
 
 
これで一安心と思いきや、
その後、妻が二人目欲しいと言いだし、
現在、妊活中。。。
 


先日、 精索静脈瘤の手術を受けてきました。
お陰様で、手術は無事終了。

私がやって頂いた手術は、腹腔鏡下精索静脈高位結紮術なるもの。
私の場合、左右のタマ周りともに、静脈瘤があるとのことで、
へそと、その両脇1箇所ずつ、計3箇所に穴を開けて、手術して頂きました。

率直な感想としては、痛い!!!

どこが痛いかというと、へそのあたりが特に痛い。

幸いに、袋周りは痛くないです。。。


入院自体は、一泊二日ですが、
退院後の次の日も結構痛かったです。
座っている分には大丈夫なのですが、
へそと、その両脇の穴を開けたせいか、腹筋が痛くて、起き上がることがつらい。

病院の先生からは、退院後、デスクワークであれば、仕事をしても大丈夫と言われていたのですが、通勤が辛かった。。。
(私は、幸い?!に車通勤なのですが、電車通勤の人は、退院翌日、もっというとその次の日も休んだ方がいいと思います。まあ、痛みの度合い等は、手術の方法や、受ける人の個体差もあると思いますが・・・)
 

入院当日、
10時頃病院へ、妻と行き、入院手続き。
事務的な手続きとして、
・入院時の連絡先を書いたもの
・保証人を記載した書類
 (もし、入院費用が払えなかった場合の連帯保証人のリスト)
 を病院の事務窓口へ渡した後、病棟へ移動。


看護師さんから、手術前後の流れの説明を受ける。
・手術開始時間前に、病院指定の靴下(血行をよくするためのもの)等の指定着へ着替えること
・手術までの間、立会する人は、病院を一度出る場合、電話がつながるようにしておくこと。
・体調はどうか
  等々

入院する病室を案内してもらった後、
妻と一旦別れた。


事前に、手術予定時間は目安として言われてはいたのだが、
私を執刀する先生は、同日、他の手術も予定しており、その進捗度合いと、
手術室の空き状況により、手術の時間は前後するとの事で、落ち着かない気分のまま、過ごす。(私がお世話になったのは、不妊専門の病院では無く、総合病院)


手術の予定時間の2時間ぐらい前に、
担当の先生が来て、「調子はどう?」と聞かれ、
「お陰様で、元気です」と空元気で答える。
(本当は、手術がコワイなんて言えない。。。)


先生:「私は空いたので、手術室が空いたら、手術しますね」

ヘロヘロ:「妻が出かけているので、おおよその目安が分かると助かります」

先生:「奥さん、どのくらいで、病院に来られます?」

ヘロヘロ:「当初予定していた手術の予定時間の○時の30分ぐらい前ぐらいには、来ると思いますが。。。」

先生:「分かりました、伝えておきます」


その後、看護師さんから、
「手術の時間が決まりました。あと、30分後で、手術するので、着替えて下さい」

ヘロヘロ:「早く無いですか?予定よりも1時間半早いですよ」

看護師さん:「今、手術室が空いたので・・・」

「奥さん間に合いませんか?」

ヘロヘロ:「確認します」

病室を出て、妻へ電話。


ヘロヘロ:「手術の時間が決まった。□時半になった」

妻:「え~、今、○○で、息子と食事していて、間に合わないよ」

ヘロヘロ:「何時なら間に合う?」

妻:「今から、1時間ぐらいかな」

ヘロヘロ:「病院にそう伝えてみる」


その後、看護師さんに妻が、間に合わない事を伝えるが、
手術時間は、先程連絡を受けた時間でやるとのこと。

入院手続きの書類の中に、どのくらいの時間で病院に来られるかという所に、
”30分”と妻の字で書かれていた為、30分前に連絡をしたが、ムリなら、予定通り、手術をするとのことだそうな。


そんな訳で、着替えをし、看護師さんに付き添ってもらい手術室へ歩いて移動。


手術室へ着くと、青い服を着た病院スタッフが、2名待機していて、
看護師さんとバトンタッチ。

手術室の台に上り、以下の問いを受けた。
・氏名は?
・生年月日は?
・風邪を引いていないか?
・体調はどうか?
・ぐらつく歯が無いか?
 (麻酔の際、チューブをのどに通すそうなのだが、その際、歯がぽろっと外れたら、大惨事になってしまうそうなので、その為の確認)
・アレルギーは無いか?
・アルコールでかぶれたりしないか?
 等々。。。

その後、テキパキといかのものを付けられた。
・心電図用の電極
・血圧測定用にと、腕にバンド
・酸素マスク
・頭の所に、脳波を取る為か、チクッとする、ものを付けられた。
・利き手と反対の左手に、点滴をしてもらった。
 点滴には、麻酔が入っているらしく、手が冷たくなる感じがした。

「ハイ、息を大きく吸って、吐いて!」

「繰り返して下さい」

と言われ、だいたい30秒ぐらいすると、記憶がなくなっていた。


気づいた時は、私の名前をひたすら呼ばれ、
「はい」と返事をすると、手術室らしき場所から、
担架で運ばれ、病室へ移動していた。

病室で、看護師さんと妻との会話が聞こえた。

看護師さん:「もう、こんな時間なので、病院の夕食の時間は過ぎてしまっているので、個人で用意してください」

妻:「はい、分かりました」


妻から声を掛けられた
妻:「何か、食べるもの持ってきた?」

ヘロヘロ:(ゼリー飲料を入れたカバンを指さしながら)
「ゼリー飲料持ってきた」

妻:「じゃあ、大丈夫だね」

ヘロヘロ:(意識がもうろうとしつつ)
 「え?!」

妻:「じゃあ、帰るね!」


ヘロヘロ:「・・・」

  (苦しみつつ)

  「痛い・・・」

妻:「子どもを産むときの苦しみに比べたらたいした事ないよ!」

 「大丈夫!」

 「私は、忙しいから帰るね!」

そう言い残し、妻は帰っていった。


私たち夫婦は、たまたま、自然妊娠で出来た息子が1人いるのだが、
タダでさえ、恐かった妻が、出産してからさらに強力になった。

子を産むと女性は強くなると言うが、妻もその一人だと実感。


時計を見ると、手術室入室から約4時間半ぐらい経っていた。


手術後は、全身麻酔をしていたせいか、ちょっと気持ちが悪く、くらくらする。
そして、お腹に力が入らない。。。


妻が去ってから、
看護師さんが、数分おきに、体温と、血圧を測りに来てくれた。
酸素マスク外して良いですか?と聞くと
酸素マスクは、術後、3時間はつけておくようにと言われた。

3時間、長いな。。。と思っていたのだが、
意外に早く時間が過ぎ、酸素マスクを外してもらった。

その後、おトイレは大丈夫ですか?
と聞かれ、行きたいと言うと、看護師さんに、
途中まで付き添ってもらい、点滴をぶら下げながらトイレへ行った。

トイレで、小便をすると、
小便が、青い。。。

手術中、リンパ管をハッキリと識別しやすくする為に、青い色の色素を使っていたらしくそのせいで、青色の小便が出ても異常では無い旨の説明を受けてはいたが、ゾッとした。
くらくらしながら、再びベットへ。


看護師さんが、その後、何度も来てくれ、

痛みますか?と聞かれ、

痛いです。と答えると、痛み止め入りの点滴を付けてくれた。


痛みは和らぎましたか?と聞かれ

まだ、痛いです。と答えると、錠剤の痛み止めを渡され、
(おれって、痛みに弱いな・・・と思いつつ)
それを、すぐに飲んだ。

無性に夜中、腹が減り、ゼリー飲料を何本か飲み、カロリーメイトの様な固形食をバクバク食べながら、
早く時間よ、過ぎろ・・・
痛いの痛いの飛んでいけ・・・とひたすら念じていた。